存在の羽音

気ままに。自分と向き合う場所。自分を見つける場所。チラシ裏の独白。

寒々とした空模様

 

 

 11月も終わりが近づいている。ここ最近は毎日余裕がある中で生きている。毎日必死に生きている人たちが多い中で、幸せなことなのだろう。衣食住に困らないことは幸せなことだ。これから先ずっとそうだという確信は何処にもないのだけれども。

 

 久々に哲学をしてみたり、哲学者のテキストを読んでみたりしたのだが、なかなか難しいものだ。じっくり考えないと理解できない。難しいのだけど、理解できたら面白いし、わかるとその分世界は広がる。概念を切り分けて細かく説明していく様は羨ましい限りで憧れてしまう。むかし学校で学んだ哲学なんて、ほんの上澄みで、哲学の先はまだまだ遠いところまでつながっている。自分なりにしっかり世界と向き合って生きていかないと、気付けば老後になりかねない……。